作成者別アーカイブ: umiyoga

ぐんぐん妊娠体質に!

【ぐんぐん妊娠体質に!】
授かり体質への10か月
ウミヨガ通信講座

2年間の構想・制作期間を経て
ウミヨガのレッスンが映像で学ぶ
通信講座になりました!!

1)ウミヨガのスクールと同じ内容を10か月に圧縮
日本全国どこからでもスマホやPCでレッスンできます。
月に2回、約20分程度の見やすい動画「座学編」「ヨガ編」の2本立てで配信されます。
何度も繰り返して見て習慣化するところまで落とし込みながら進むことで、
心も体も無理なく「授かり体質」へと ぐんぐん変化します。

2)夫婦二人で取り組めます
いまや不妊の原因の半分は男性の状態にあります。
ご主人も動画を見ることで、自然に妊活に大切な事がインプットされ
日々の習慣が変わっていきます。
通勤途中にご覧いただけるので忙しい毎日でも大丈夫。

妊活に一番大切な夫婦の足並みが揃い始めます。
また、女性の生殖機能を高めるワークもあり、女性ホルモンが活性化され
「濡れやすく感じやすい=妊娠しやすい」お身体へと変化します。

3)ヨガがはじめてでも大丈夫
ヨガ編は、特に「骨盤環境」「ホルモンバランス」「血流促進」
「卵子や精子のアンチエイジング」など、男女ともに妊活に効果的なポーズが選択され
由梨先生のガイドにそってレッスンできるようになっています。
はじめはモデルの動きを見ながら、慣れてきたら先生の声だけを聴いて。
自然にリラックスでき副交感神経が優位になり、
固くなっていた心までも柔らかく潤うようになります。

妊娠しやすい健やかな身体づくりは
「食」「動」「心」を三位一体バランスよく!

さあ、講座の内容を詳しく見てみましょう!

 

★旦那さんとの愛情があって子供が生まれる、大きな気づき。

Yさん  男の子のママになりました
出産年齢:39歳11か月

20代から30代前半にかけて、
私は仕事とお酒が趣味という人生を送っていましたが、36歳で結婚。
仕事は立場もやりがいもありましたが、とにかく激務で長時間労働だったため
出産に対する年齢的なリミットを考え、いったんは9時から17時の契約社員に。
そうして早く子供を産んで、早く仕事の第一線に戻るつもりでした。

しかし、できない……。

検査をしても夫婦ともども問題なし、むしろ数値的には平均以上によい結果。

なぜできないのだろう。なぜ、なぜ、なぜ……。

そんな時期に限って旦那さんは排卵日付近に仕事が立て込み、
私のイライラは募るばかりでした。

「このままでは『仕事も、子供もない』人生になってしまう」。
結局、その焦りに耐えられず私は正社員へと復帰するのですが、
その時会社から提示された条件は
「子供がほしいなどという私生活の事情で仕事に支障をきたさないこと」。
私はその時点で平日に定期的な通院を要する不妊治療の中断を
余儀なくされたのでした。

子供を望む気持ちに蓋をして過ごしてきたある日、何気なくFacebookを見ていると、
知り合いが「いいね!」をしている「ウミヨガ」のページが目にとまりました。

「『ウミヨガ』ってなんだろう??」

クリックしてみると、
ヨガを通じて妊娠しやすい体づくりをしていくもので、すごく高い効果を発揮している。
しかも開催日は日曜日!!(土曜も仕事なので)
「いま私が妊娠するためにできるのはもうこれしかない!」

すぐに説明会に参加し、2週間後からレッスンを開始したのでした。

学生時代に「化石」といわれた体の硬さは相変わらずで、
ヨガがつらくなかったかといえば嘘になりますが、
劣等感を抱かずにレッスンに参加し、家でも継続して行えたのは、
木下先生がきめ細やかにフォローしてくださったからにほかなりません。
また、結婚するまで料理らしい料理をしたことがなかったため、
先生の食生活のご指導は本当にありたがく、我が家の定番メニューも増えていきました。

そんな中で、
私が先生から教えていただいた一番大きな学びは
「夫婦の関係性」でした。

私は出産を意識して結婚したため、
心の中で「子供がいなければ結婚していても意味がない」と思っていました。
しかし、先生がご自身の濃厚な人生体験を踏まえて
夫婦愛の尊さをお話しくださったおかげで
「子供をつくるために旦那さんがいるのではなく、
旦那さんとの愛情があって子供が生まれる」という、
当たり前だけれども、見失っていた真理に気づかせていただきました。

そうして「ウミヨガ」のレッスンが終盤にさしかかったある日、
「仮にもしもこの先妊娠できなかったとしても、
この人と夫婦2人の人生でも楽しく過ごしていこう!」
とふっ切れた瞬間がありました。

また、その頃には「挑戦できる」こと自体、
とてもありがたいことだと感じるようにもなりました。

私のまわりにも年上で子供がいない友人がいます。
妊娠を断念した無念さを思うと、
生理がきてつらい、悲しいといっても、私にはまだ可能性があり来月も挑戦できる。
「ウミヨガ」に挑戦してよかったし、これからの人生、妊娠に限らず何かに迷った時は
挑戦する道を選んでいこうという人生の指針も芽生えていました。

そうして、一年に及ぶ「ウミヨガ」のレッスンが終わって1週間。
忘年会シーズンなのに、ちょっとお酒を飲むと動悸がしていつもの調子で飲めない。
生理も一週間遅れている。

もしかして……。

クリスマス・イブに妊娠が判明し、
翌年8月に39歳と11か月で無事男の子を出産しました。

「妊娠するには何がよかったのか」
同じようになかなか子供ができない人たちからそう聞かれることがあります。
一年ヨガを続け、「化石」から「体の硬い人」まで
体が柔らかくなったことも大きかったと思うし、
食生活に気を配ったこともよかったと思います(お酒はやめられませんでしたが……)。

でも、何より夫婦関係と妊娠に対する向き合い方が変わったことが、
私自身の一番大きな変化でした。

それらをすべてひっくるめて
「ウミヨガ」での木下先生のご指導のおかげだと思っています。

そんな私の「ウミヨガ」の一年を支えてくれたのは、
毎回気持ちよくレッスンに送り出してくれた旦那さんと、
一緒に通った同期の仲間です。

「あなたたちは仲が良すぎる」と木下先生に心配されるほど結束が強かった私たちは、
レッスン期間中はもちろん現在も近況を報告したり、悩みを相談し合ったりしています。

「『ウミヨガ』の仲間は未来のママ友」を合言葉に、
同じ悩みを抱えながら同じゴールを目指してきた仲間は、
この先の人生でも変わらず大切な存在です。

木下先生には、日本の未来のために
子供を望んでもできない人たちを救っていただくことを切に願いながら、
できたらマタニティと産後のレッスンも開始してもらいたい
という希望を込めて、これからもますます頑張っていただきたいです!

「ウミヨガ」での熱心なご指導、本当にありがとうございました。

感謝の練習が習慣になる頃…ベビちゃんが。

Hさん 女の子のママになりました
出産時年齢:37歳

最初は半信半疑で参加した
ウミヨガの「授かりたい人のためのセミナー」。
そこで木下先生に出会い、
大げさに聞こえるかもしれませんが、私の運命が変わりました。

「妊活を楽しんでいますか?
  暗い顔をしている人のところに赤ちゃんが来るわけがないじゃない。」
「排卵誘発剤は、リンゴを無理やり赤くしているようなものよ。
  無理が出るに決まっているじゃない。」
と気持ちのいいくらい言いきっていらっしゃった木下先生。

それまで、夫婦ともに「医療の力に頼った妊娠は望まない。」
と意見が一致していたため、食事に気を遣ったり、
体内のデトックスをしたり、漢方を試してみたり、
と一年ほど「妊活」をしてきましたが、
なかなかうまくいかない日々に悶々としていました。

そんな中参加したセミナーでしたが、
木下先生の明るい笑顔や心地のいい関西弁、
自信に満ちたアドバイスに惹かれ、
「受講料、高いなぁ。。ちょっと不便な場所だしな、どうしよう。。」
との迷いがありつつも(笑)、受講を決めました。

レッスンは、毎回1時間の講義や心のワークと、
1時間のヨガで構成されていますが、なんと言っても先生の話が面白い。

「生理が来るのは妊娠できるということ。有り難いと思いなさい。」
という言葉に納得をしていても、やっぱり毎回生理が来るたびに
「また今回もダメだった」と落ち込んでしまっていた私ですが、
レッスンに参加すると、自然と元気が湧いてきたのを今でも覚えています。

ウミヨガで教わったことは数え切れませんが、
その中でも、出産後の今でも最も心に残っているのは、
「すべてのことに感謝しなさい。」という先生の言葉です。

最初は、練習のように「感謝。感謝。」と心に刻んでいましたが、
妊娠が発覚したのは、「全てのことに感謝」が、
ごく自然にできるようになっていた頃で、
「先生はやっぱり正しい!」と心の底から思いました。

実は私は、一年前に受けたフーナーテストで、
「卵管が片方詰まっているかも」とのことで、
それを調べるためにと、病院から腹腔鏡検査を勧められていました。
その当時は、自分もお腹に穴を開けるのは怖かったし主人に相談したところ
「片方は大丈夫なんでしょ。そのために卵管は2つあるんだよ。」と言われ、
検査を受ける決断ができませんでした。

前期のレッスンが終わる頃、自分の身体と心に自信がついてきて、
「今なら精子と卵子が出会えれば妊娠はできる」と思い、
主人と相談し、人工授精ならこだわっていた自然妊娠とそう大差がないと考え、
人工授精にチャレンジするため病院へ行きました。

でもその際、担当医から、癒着している可能性があり、
人工授精では結果が出ないかもしれない、
どうしても体外受精に進みたくないのであれば腹腔鏡検査を勧める、
とまたしても腹腔鏡検査の提案がありました。

一年前に見送った検査ですが、半年間ウミヨガに通った私は、やはり、
「癒着さえ解決すれば
  ウミヨガに通った私の子宮はフカフカなはずで、きっと妊娠できる」
という変な自信があり、検査を受けることを決意しました。

検査の結果、癒着はなかったものの、
原因は不明だが、精子が卵管まで泳いで行っていないということが分かり、
医師から「自然妊娠は難しいと思う。卵管内人工授精をしてはどうか。」
という提案を受けました。
「自然妊娠は難しい」という検査結果にはショックでしたが、
夫婦ともに許容できる人工授精での可能性があるとのことで、
その後、卵管内人工授精をし、3度目で授かることができました。

ちょうど、ウミヨガに通い始めて1年、
後期が終了する目前での妊娠発覚となりました。

出産自体は、途中、陣痛が弱まったり、間隔が開いてしまったり、
と、個人的には辛く長い時間でしたが、
生まれてきた我が子は、4か月になった今も、おっぱいもよく飲み、
手足もよく動き、大きな肌トラブルもないとても健康的な子です。

実家の母からも、
「これは、あなたが妊娠前からウミヨガに通って色々気をつけていたおかげだろうね。」
と言われました。
ウミヨガに出逢っていなかったら、
今頃私はまだ悶々と先が見えないトンネルの中にいたかもしれません。

かけがえのない我が子、
また、お互い励まし合ったクラスメート(今ではその過半数が大切なママ友です!)
と出逢わせてくれた木下先生には、いくら感謝しても足りません。

本当にありがとうございました。

★あなたはすでに 卵子を育ててるお母さん

Mさん  女の子のママになりました
出産時年齢:37歳

結婚7年目、過去2度の流産を経験し36歳になっていた私は
子供のいない人生も有りかなと思い始めていました。
そんな頃に妊娠率8割というウミヨガに出会い
半信半疑でしたが最後のチャンスと思い受講しました。

ウミヨガを初めて受講した際に由梨先生が
みなさんはお腹の中で卵子を育てているからすでにお母さんなんです。」

という言葉に救われ、涙が出ました。
流産を経験している私も母と思っていいんだと…。

ウミヨガではヨガ以外にも妊娠を継続させるために必要なことや
精子・卵子に良い食べ物、身体の温め方、気持ちの持ち方、ストレスの発散の仕方、
ストレッチ、筋トレ等様々なことを教えてもらいました。
仮に子供を授からなくても健康な身体が作れればいいかなと
軽い気持ちで上記のことを日々継続しました。

ウミヨガを始めて7か月目、とうとう妊娠しました。
妊娠2週目の着床もしてない時期に先生がお腹を触り、
にっこり微笑みながら
「子供が出来たんじゃない?」と言われた時はとても驚きました。
妊娠してからも相談にのってもらったり、
行って良い運動を教えてもらうことができ、 心の支えになりました。

※写真はイメージです

子供のいない生活を覚悟していた私達夫婦にとっては
子供が出来たことに驚きと幸せでいっぱいです。
現在生後3か月、あやすと笑ってくれたり、親の顔も認識してくれるようになってきて、
毎日楽しく幸せです。

ウミヨガとの出会いに感謝しています。

★AMHがあがった!最後のチャンスと挑んだウミヨガ

Kさん  女の子のママになりました。
出産時年齢:36歳

私は、不妊歴は短いですが、
33歳の時のAMHが既に1.02だった上に、
体質改善のためにと行った整体や鍼灸の先生からは
「子宮がかたく、この状態ではもし妊娠できたとしても流産する確率が高い」
と言われていました。

また、3カ所まわった不妊治療専門の病院ではどの先生からも、
すぐに体外受精をしないと間に合わなくなるよと言われていました。

そんな時、女性誌に載っていた木下先生のウミヨガを知り、
藁をもつかむ思いで「授かりたい人のためのセミナー」に参加しました。
不妊で苦しんでいる人たちの気持ちを
ここまで理解してくださっている方に出会えたのは私にとって初めてのことでした。

このセミナーで先生のお話をお聞きし、
私の状況よりももっと大変で苦しんでいる方もいっぱいいらっしゃるし、
そんな方もウミヨガに通い妊娠されている、もうこれは先生を信じて前に進むしかない、
先生についていったら必ず妊娠できる、
そう確信し ウミヨガのクラス産の受講を決めました。

産のクラスに参加し始めてからは、これまでどれだけ自分の体を粗末にしてきたのだろう
と思い知らされることの連続でした。
仕事は好きでしたが、ハードな面も多く、長い間心身ともに疲れ切っていたのだと思います。

ヨガの指導だけでなく、生理や経血コントロール、食事面や精神的な面など、
どれも大変勉強になりました。

そして、同じように不妊で悩んでいるクラスのみんなに出会えたことも力になりましたし、
このメンバーと一緒に楽しく先生の授業を受けることができたこと、とても感謝しています。

そして、ウミヨガに通い始めてから8カ月後、再検査したAMHは1.64まで上がっていたのです
ただ、年齢に比べてAMHが低いことに変わりはないので、
体外受精をする時期は決めていました。そしてそれを最後のチャンスとすることも。

それが、体外受精の準備のため2回目の卵管造影をした後、妊娠が発覚したのです!
自然妊娠でした。
ちょうど卵管造影の数日前に久しぶりに先生の生ヨガクラスにも参加できたので、
体にとってもいい流れだったのかな、と思います。

ウミヨガに通い始めてからも、自分に甘くなる瞬間がたくさんありました。
先生は、そんな自分への甘さも見逃さない厳しさがありましたが、
その厳しさのなかにもたくさんの愛で御指導していただいたおかげだと感じています。

妊娠が発覚してからしばらくは、妊娠できたことの喜びと感謝で、
毎日のように涙が出てきました。妊娠するまでは、ウミヨガに通っている間も、
街で見かける見ず知らずの妊婦さんや小さなお子さん連れのお母さんを見る度、
心が痛くなる、そんな日々もありました。

子どもが産まれてからは慣れない子育てで不安なことやわからないことが多く、
結婚と同じように妊娠出産がゴールではなかったんだな、と痛感しています。

ただ、今だから言えることですが、子どもが授からなかった辛いあの期間があったからこそ、
今の原動力につながっているのかな、と感じています。

これからも子どもを授かることができたことへの感謝を忘れず、
子育てを楽しんでいきたいと思います。

本当にありがとうございました。

★ぜひ東京でもウミヨガを!希望の声が届きました。

Aさん  男の子のママになりました。
出産時年齢:33歳

ウミヨガを知ったきっかけは、木下由梨先生との運命的な出会いでした。
とある勉強会で偶然に先生とお会いし、たまたまお食事をご一緒することになりました。 その頃、私は赤ちゃんが欲しいのにぜんぜん授からず、悶々とした日々を過ごしていました。

26歳という比較的若い年齢で結婚して約1年後に、そろそろ子供を作ろうか、という話をしてすぐに第一子を授かりました。しかし、その2ヶ月後に流産。

その後は、まだ若いから、というのを理由に子作りを一旦おやすみしていました。

1年後、そろそろ子供を、ということになり、子作りを開始したもののなかなか思うようにはいかず、2年ほどが過ぎていたころに由梨先生とお会いしたのです。
ちょうど由梨先生と出会う前にある病院で不妊検査をしたところ、不妊の原因となるものは見当たりません、タイミング法やお薬で治療していきましょうと言われたばかりでした。 それまでは例えば風邪をひいてもお薬を飲む習慣がなく、不妊の原因がないのにお薬を飲むことに違和感を覚えていました。

何か別の方法で妊娠へのアプローチができないだろうか、
そう思ったときに由梨先生に出会い、お話をしました。

先生は、
「Aちゃんなら絶対大丈夫よ、きっと授かるから。不妊原因がないのならなおさら、
Aちゃんのような子にはヨガはとても効果的なのよ。」といってくださいました。
う言われたとき、自然と涙がこぼれました。

不妊原因はないものの、病院の閉塞的な雰囲気、病気ではないのにお薬をすすめられること…など心の中でその方向にいきたくないのに、いかなくてはいけないような、脅迫されているような感覚に陥っていたのが、先生の一言で、私らしくいていいんだ!と思うことができたのです。

 「神様!先生に出会わせてくれてありがとうございます!」
と思ったのを、
いまでも鮮明に覚えています。

その後先生のレッスンを受けるため、大阪に足を運び、先生の授業を初めて受け、
ぜひとも東京でも開講していただきたい!と毎日のように先生にメッセージを送っていました。
それに答えてくださるように先生は東京でウミヨガをオープンしてくださり、ウミヨガ「産」を受講することになりました。

受講開始から1年4ヶ月、待望の赤ちゃんを授かりました。

妊娠検査薬で陽性のラインを見たときには
旦那さんと一緒に何度も見返して、一緒に涙しました。
 

ウミヨガでイメージトレーニングをしっかりと行っていたため、妊娠中そして出産はまるでフェスティバルのように幸せに満ちたものでした。

ウミヨガを受けていてよかったことはたくさんありすぎて…
ここに簡単に書くことはできませんが、一つだけあげるのであれば、
命を宿し、この世に産み出すことは、大きな作業であり、
母体となる自分自身に産み出す余力がなければできないことである ということ。
だから、まず何より  自分を大切に、愛すること。
そして夫婦が幸せであること。
夫婦関係を大切にすること。

という教えです。

由梨先生のウミヨガは、他にはない本当に特別なレッスンです。
何度先生の言葉に勇気づけられたかわかりません。

ウミヨガでは、
授かったとしても、授からなかったとしても、
あなたの人生にとって大切なことを気づかせてくれるもの だと思います。

これからも赤ちゃんを望む多くの女性のもとに、
赤ちゃんが舞い降りてきてくれることを祈っています。

53404795

★夫婦ふたりでの生活も楽しく、そして大切に。

Mさん  男の子のママになりました。
出産時年齢:37歳

長年不妊で悩み、不妊治療や鍼灸、整体などいろいろ試しながら赤ちゃんを待ち続けていました。不妊期間が長く続くと、だんだん治療に通うのに疲れてしまい、それがストレスになりました。
人の妊娠・出産を素直に喜べなくなり、そんな自分に嫌気がさす毎日。
毎月生理を迎えるたびに落胆するとともに焦りを感じるなど、
気持ちに全く余裕がありませんでした。

そんな中、雑誌でウミヨガを知りました。

そのときは「気になるな」と思いながらもスルーしてしまったのですが、数ヵ月後、会社で自分が関わった仕事の記事が載った雑誌にもウミヨガが特集されていて 「これは私を呼んでいる!」と藁をもつかむ気持ちで始めてみることにしました。

始めてみると、体のかたい(先生が哀れむほど!)私にとってヨガのポーズはきつく、正直最初の頃はいつも億劫でした。でも、毎日教わったことを続けていくうちに少しずつポーズができるようになりだんだん気持ちよくなっていきました。気持ちの面でも焦りがなくなってきて、少しずつプラスに考えられるようになってきました。

もし赤ちゃんができなくてもヨガは続けていきたいな、夫婦二人の生活も楽しいし大切にしていきたいな、と思い始めた頃、妊娠が発覚しました。

妊娠期間中もウミヨガのマタニティーコースに通い、毎日お腹の赤ちゃんに話しかけながら穏やかの気持ちでヨガを続けていきました。ヨガをすると不思議と体が楽になるのです。 きっとお腹の赤ちゃんも同じ気持ちでいたと思います。

そしておかげさまで、なんのトラブルもなく、無事元気な男の子を出産することができました。
これもウミヨガのおかげだと思います。

52969464 (2)
※写真はイメージです

★信じて諦めない気持ちで流産を乗り越えて。

M.T.さん  男の子のママになりました。
出産時年齢:36歳

元々生理が不順で、低用量ピルを服用して生理周期を整えている状況でした。ですので、簡単には子どもを授かれないだろうと思っていました。
32歳で結婚と、結婚自体も遅かったです。34歳になり、年齢的にも、子どもを持ちたいなら早く妊活をスタートした方が良いと、妊活を真剣に考え始めました。

妊活について調べたところ、子どもを授かりたいと考える夫婦は、不妊治療の病院に通う方が多いと知りました。もっとも病院に通っても、そもそも成功率はそんなに高くないこと、加えて病院に通う・通わないを問わず、母体となる女性が心身ともに健康でなければ妊娠は難しいことも、知りました。心身を整えるためにはヨガが良いという情報を得て、妊活ヨガの教室を探しました。そしてたどり着いたのが、「ウミヨガ」のウェブサイトです。

体験レッスンを経てウミヨガ「産」の1年コースに参加することにしました。
参加の決め手は、ご指導下さる木下先生のヨガで妊娠なさった方が何人もいらっしゃるという実績です。
緑溢れる素晴らしい癒しの場所でレッスンが行われるのも、魅力でした。

レッスンに参加して驚いたのは、実際に体を動かしている時間と同じくらい、木下先生のお話を聞くことや心のワークに時間が割かれていたことです先生のお話を聞き、心のワークをすることで心の健康を、ヨガのポーズをとることで体の健康を図るプログラムになっていたのだと思います。

当時、焦りから躍起になっていた私は、先生の「子どもを授かっても授からなくても、夫婦仲良くいることが大切」というお話に、はっとしました。夫婦仲良く、色々なことを話し合って共に生きていくという気持ちがなければ、温かい気持ちで子どもを迎えることは難しいです。 このことに気付き、子どもを迎えたいと思えるパートナーに出会えたことに、まず感謝するようになりました。この点が、レッスンに参加して良かった点です。

また、教えていただいたヨガで体を動かし、前向きな気持ちで毎日を過ごせるようになったことも、とても良かったです。木下先生は、自宅で継続しやすいメニューを教えてくださるので、毎日少しずつ自分に必要だと感じたメニューを取り入れていきました。継続することで、体調が良くなっていくのが実感できました。体調が良くなると、気持ちも前向きになります。

妊活中は、先の見えないトンネルを歩いているような不安で心が一杯になりやすいです。毎日体を動かすことにより、前向きな気持ちでいられました。しかも、木下先生考案の効果の高いヨガですので、続けていれば子どもが授かれると、心から信じることもできました。

私は、ウミヨガに参加すると同時に、病院に通うことにしました。元々生理不順があったことと、年齢にも不安があったからです。ウミヨガに参加して2か月ほど経ったときに、妊娠が分かりました。自然妊娠でした。ただ、このときは流産になってしまいました。妊娠の喜びがすぐに流産の悲しみになってしまい、本当に辛かったです。流産後、病院の先生が不思議に思われるほど、体が中々回復しませんでした。この間、ウミヨガのレッスンは、お休みすることになりました。
その後、ようやく体が回復し、ウミヨガに再び参加できるようになりました。
再度参加するにあたっては、ウミヨガのスタッフの方に、大変ご配慮いただきました。このときは、心も体も疲弊しきっていましたので、温かいご対応が、本当にありがたかったです。

その後は、より積極的に、日常にヨガのメニューを取り入れて、体を動かすようになりました。体調が良くなってきたころ、再び妊娠しました。AIHでの妊娠でした。ただ、またしても流産してしまったのです。このときは、体はすぐに回復しました。でも、心の傷は深まるばかりでした。
ウミヨガに通い、元気な心と体になれば、きっと子どもは戻ってきてくれる、と無理にでも信じることで、何とか平常心を保っていたような気がします。

夫は、私がウミヨガのレッスンに参加する際、必ず車で送り迎えをしてくれました。
自宅で、私が木下先生から伺ったお話をしていたからでしょうか。ヨガに参加するのも、病院に通うのも私ですが、レッスン時に車で送迎してもらうことで、夫婦で妊活に向き合っている気持ちになり、とても嬉しかったです。

ウミヨガを卒業しても毎日、ヨガのメニューを行っていました。そして、しばらく経ってから、また妊娠が分かりました。今回も、AIHでした。
妊娠初期に不安な面があったため、仕事はすぐにお休みをいただくことにしました。無理をして、また悲しいことにならないように、できることは全てしたかったからです。

安定期以降は順調で、夫婦で色々なところに出かけ、楽しい、幸せなマタニティ期を過ごすことができました。妊娠初期には不安な面もありましたが、安定期以降は順調で、とうとう無事に出産することができました!

出産も、大変安産でした。ヨガで呼吸法を習っていたことが、役に立ちました
予定日当日に、標準体重の、元気な男の子が生まれました。
生まれた瞬間は、決して忘れることはできません!
今までで、一番幸せな瞬間でした。

出産直後は、慣れない子どもの世話に精いっぱいでした。出産前を振り返る余裕もなく、あわただしく過ごしていました。
しばらく経ったある日、頂き物のベッドメリーの優しい音を聞きながら息子のお世話をしていると、涙があふれて止まらなくなりました。
私は子どもを持てないかもしれないと不安だった日々、流産のショックから立ち直れ無くて毎日泣いて過ごした日々、2度目の流産に、気持ちをつないでいくことが大変だった日々は、決して無駄ではなかった、諦めなくて良かったと、心の底から思いました。

先の見えない妊活の時間に、温かく寄り添ってくださった木下先生、スタッフの皆様には、本当に感謝してもしきれません。苦しくなりがちな妊活の時間を、少しでも明るく前向きに過ごすことができたのは、ウミヨガのおかげでした。
本当に、ありがとうございました。

35702965※写真はイメージです

★不妊治療の効果を最大に!1回で結果を。

Sさん 女の子のママになりました。
出産時年齢:44歳

年末の美容院で手渡された雑誌の1ページ。目に飛び込んできた「素敵な園庭でのヨガ」…。
心が釘付けになりました。それが、”Umiyoga”と私の出会い でした。

しかし、
ウミヨガの門戸を叩いたのは、それから半年後、数度の人工授精と1回の体外受精がうまくいかなかった後です。

そもそも私は、過去のホルモン検査結果から自然妊娠が望めない事が自明でした。しかしなんとなく体外受精ならうまくいくんじゃないか?との淡い期待と根拠の無い自信がありました。

何かせねば!と門戸を叩いた第1回目のレッスンで、ゆり先生から
「みんな何もしなくても妊娠出来るって根拠の無い自信あるでしょう?」と脳天直撃の、グサっと来る一言を突き付けられました(苦笑)。

体質改善は、3ヶ月はかかると教わり、ゆり先生の変わらなければ変わらないという叱咤激励を受けました。
食レシピやエクササイズの中から出来る事を直ぐに生活に取り入れていきました。私の変わり様に、「絶対に宗教に入っているに違いない!」と夫は疑った程です(笑)。

入会してから数ヶ月の間、ゆり先生には不妊治療の事は相談できずにいました。なぜなら先生が自然妊娠推奨派なので反対されると思っていたからです。
しかし、毎回のレッスンの座学の時間を通して、徐々に相談しても良いのかな、との気持ちに変化していきました。
というのも、座学ではただ単にヨガのポーズや食レシピを学ぶだけでなく、メンバー同志での悩みを共有したり、先生ご自身の秘話を伺ったりで、時には大爆笑、時には涙しながら、身体だけでなく心もスッキリし、文字通りヨガの「受け流す」処世術も学んでいったからです

不妊治療を告白後、ゆり先生は基礎体温や私自身の体調を見ながら、治療の好機を毎回一緒に考えて下さいました。

そしてメンバーが一人、また一人…と次々ご懐妊され抜けていき…
美しい庭園のオールシーズンを眺め…自分で決めた1年という期限が迫った最終回に3回目の体外受精で私もとうとう妊娠する事ができました!!!
不妊治療の先生にも、漢方の先生にも、「正直このホルモン値と年齢では成功率は低いので、期待しないで下さい」と宣言された私が!

ヨガの呼吸法は出産時の息み逃しに、そして食レシピは離乳食にも応用しています。決して安くはないレッスン料ですが、それだけの価値はあると思いました。
万が一、子供が授からなかった場合でも、これからの生涯に大事なエッセンスを教えて戴けたと感謝しきりです。

体質は何よりもの資本です。
umiyoga での体質改善と心身共にリラックスできたからこそ、子を授かる事ができました。私の宝姫、そして心の拠り所 umiyoga は一生の宝です。

59370462
※写真はイメージです

★不妊治療のお休み中にまさかの自然妊娠!

A Tさん   女の子のママになりました。
出産時年齢:43歳

自分より世代の若い読者を対象にした女性誌を読んでいたら、目にとまったウミヨガの記事。 これが運命の出会いとなりました

ウミヨガは私にとって身体以上に、心にきくヨガでした。
忙しくても、時間をやりくりして、疲れ切った体を奮いたたせてウミヨガに行くということは、仕事や日常生活を優先しがちだった私に「仕事も大切だけど、あなたがいま本当に願っていることは『赤ちゃんを授かる』ということだったよね?」と思い返させてくれる貴重な機会となりました。
ウミヨガのレッスンに通って、身体を動かしたり、先生の人生経験談を聞いたりすると、精神的にパワー注入され、すごく前向きになることができました。

40代で結婚し、かつ赤ちゃんを授かりたかったので、ウミヨガに通いながら不妊治療のクリニックで身体のメンテナンスも始めていました。途中徹夜をしなければならないほど仕事が忙しい時期に入り、クリニック通いを3ヶ月ほどお休みしました。
そして仕事が落ち着き、そろそろクリニック通いを再開しよう…と思っていた頃、妊娠が判明!

まさかの自然妊娠だとわかった時、嬉しさとともに不安もいっぱいでした。年齢が年齢でしたので、どうか無事に育ってほしいと毎日祈るように過ごしていました。
産院の先生から「安定期に入りましたね」と言われ、ウミヨガの木下先生、スタッフの皆さんにご報告に行った日の喜びは今でも覚えています。

木下先生に抱っこしていただいたご利益か(笑)娘はとても元気にすくすく育っています。

娘に恵まれ、私たち夫婦の生活は激変しました。こどもがこんなにかわいいものだとは正直思っておらず、親バカ街道まっしぐらな夫婦になってしまいました。高齢での子育てなので体力的に辛いことも正直いっぱいあります。けれども、それを上回る幸せを日々感じています。

ウミヨガに出会わなければ、私はどこかで赤ちゃんをあきらめていたかもしれません。
本当にウミヨガに感謝しています。ウミヨガは私の人生のパワースポットです!

 

81771255※写真はイメージです