カテゴリー別アーカイブ: 喜びの声

★心と体は一対と気づくころ、赤ちゃんが!

Y.Mさん  女の子のママになりました。
出産年齢 40歳

数年前から赤ちゃんを望んでいましたが、中々出来ませんでした。
その頃それほど切羽詰まった感じはまだなかったのですが、漠然と考えている間に時間が過ぎ、だんだん気持ちに余裕が無くなってきた頃に、幸いにも先生に出会う事が出来ました。先生のウミヨガと出会って、いかに自分の体の巡りが悪く、また精神状態が安定していなかったのか気づき、とても衝撃でした。

不妊治療のために飲んでいた薬などの影響、周りの子育てママを見ての焦燥感、パンダが妊娠とニュースで聞けば「ついにパンダにまで先を越された!?」と鬱々として、気付かないうちに自分で自分にストレスをかけていた状態でしたが、その事にも自分で気付かないほどでした。

入門として最初に呼吸法のやり方を教えてもらいやってみると、嘘のように精神的リラックスが出来ました。 そして、第三者の目線として、客観的に自分を見つめる事(時間)が出来ました。

そして精神と体は対なのだなとも気付きました。精神が安定してくると体もカチコチだった部分がほぐれて来て稼働域が増えました。そうすると、体の滞ったエネルギーが循環するのか、ヨガをした後は昼寝をした後のようなスッキリ感というか、動いて疲れたはずなのに逆に気だるく気持ちの良い状態になれる事を知りました。

今月も妊娠につながらなかったと思っても、モチベーションのあげ方や気持の切り替えを上手くできるようにもなりました。ウミヨガの良さを知り、続けることで心身ともに良い状態になれたのか、ついに、赤ちゃんを授かる事が出来ました!

つわりの時期も呼吸法で辛さを逃し、妊娠で体が重くなってきてもヨガをしていたおかげか体重も増えすぎず腰痛などのトラブルも無く、妊婦さんにしては歩いてる姿勢が良いよねと声をかけられるようにもなっており、出産時の痛さも呼吸法で痛み逃しが自然と出来ていました。

多分私はウミヨガに出会ってなかったら、未だに赤ちゃんを産む事も出来ていなかったと思います。 そしてヨガをしていたおかげで他の妊婦さんに比べると幸せ感が倍増で、辛さはマシだったと思います。
まだウミヨガを経験されていなくて、妊娠を希望されている方こそ、ぜひウミヨガに巡り合って自分では気づかないストレスを無くし、心身ともに良い状態になってほしいと思います。

7d133f0a2d075f41d7bbd404a14e45cc-300x168
※赤ちゃんのお写真が届きました。おめでとうございます!

 

★薬も効かないほどの生理痛が治るころ、まさかの自然妊娠!

E.Kさん  ママになりました。
出産年齢 37歳

私は、とにかく身体が疲れていました。 30代半ばで結婚、共働きのハードな生活に突入し、身体の不調はますます酷くなりました。薬の効きも悪くなるほどの強い生理痛も相変わらず続き、20年近く毎月鎮痛剤で抑えていました。

そうこうしているうちに誤魔化しが効かなくなり、体調不良にて仕事を退職、妊娠を希望していましたがそれもなかなか叶わず、退職と同時に本気で体質改善に取り組もうと決意しました。

先生のところには共働き時代から週一回だけ通っていましたが、それだけではいけないと、レッスンで習った事を毎回復習し、毎日一日二回、自宅で真剣に取り組みました。

三ヶ月経ったある時、生理痛が軽くなり、薬が要らない事に気づきましたが、たまたまだと思い、特に気にしませんでした。しかしそれから、薬が必要ない程の軽い生理痛が毎月となり、自分でも身体の変化を感じました。そして凝りがほぐれ、基礎体温が上がり、身体が温かくなった頃、妊娠しました。生理痛が軽くなって9ヶ月目の事でした。

不妊専門クリニックに通っていましたが、治療、検査をお休みした周期のまさかの自然妊娠でした。 レッスンでは、毎回骨盤が歪んでいたり、左右の足の長さが違っていました。教えて頂いた通りに矯正していくと、ある時、左右揃いました。それから間も無く妊娠したので、いかに骨盤回りの血流が悪かったかを知る事ができました

先生のウミヨガは身体を整えるだけでなく、心も穏やかになれます。 身体をカチカチにして、イライラしていた頃とは比較にならない程快適な日々を送れています。 ウミヨガが私を変え、整ったこの身体に命を授けてくれたのだと思います。 ウミヨガに心から感謝しつつ、ライフワークにして一生続けて行こうと思います。

★一番大切なものが何かを教えられました。

Y.Mさん  男の子のママになりました。
出産年齢 24歳

私が、ヨガを始めたきっかけは、生理痛もひどく毎月寝込んでしまうほどで、 頭痛もひどく毎日の頭痛に悩んでいた時に先生のヨガと出会って、実際に通われている方からも、身体に良いよと教えてもらい始めることを決めました。
ヨガをして、初めて自分自身のカラダについて意識した気がします。

毎日、仕事に追われて、朝早く家を出て、休憩もなく仕事をこなし、夜遅くに帰宅。 そんな生活を送っていたので、自分自身のことを見る余裕すらなかったのです。 毎日を何気なく暮らしていたからこそ、それが当たり前で気が付くこともなく普通になっていたのです。 ヨガを初めてからは、少しずつではありましたが、 レッスンのその時間を自分のためだけの時間と思い、 身体を動かし…そして何よりココロをリフレッシュする事ができました。

それから数年が過ぎ、私は結婚をして家事と仕事を両立し始めました。
毎日あっという間に時間は過ぎバタバタと過ごし、主人ともよくぶつかるようになりました。 新婚のはずなのに、そんな幸せをゆっくりと感じることすらなく、どこか自分でも駆け足で毎日を過ごすのを 両手、両足を使ってやりこなしていた気がします。
でも、私にとってはそれが、普通の生活。 今思い返せば、恐ろしいです(笑)

自分では、大丈夫! なんとかなる!! の気持ちで毎日頑張っていたのですが…
身体もココロももう限界まできていたようです。
これも、自分では気が付かず、ゆり先生に教えて頂いて初めて気が付きました。

それからは、自分の気持ちに素直にむりをせず、日々を楽しむ事にしました。 すると待ちに待った新しい命を授かることができました!
その時は、本当に嬉しくて何度も何度も夢ではないかと疑いながらエコー写真を見ては、 ニコニコ微笑んで喜びを噛みしめていました。赤ちゃんができないと思って悩んでいたことが嘘のようでした。妊娠が分かってからも、出来る限りレッスンに出て身体を動かすようにしました。 ヨガをしているほうが気持ちもリラックスできたからです。

赤ちゃんのためにも、自分自身が幸せに元気にいることが一番素晴らしい成長安定剤だと実感できました。 私が、笑っていると身体も暖かくなって、一緒に喜んでくれているそんな気がしました。

しかし、妊娠してからも仕事は今まで通り続けていて、4か月が過ぎたころ頃、子宮の内膜が出血していました。 それでも仕事、家事とこなしていた私。
赤ちゃんの為にも、働いて苦労させないようにしないと…と 自分自身の為にもしていたのですが、これは大きな勘違い!
「あなたが、守ってあげないと、誰がこの子ことを守るの?」
「お腹の中で精一杯の力で伝えようとしているのよ」という言葉をゆり先生から聞かされました。

それは、赤ちゃんが必死になり、私に伝えた「助けて」の意味だったのです。
そして、私は仕事を辞めることを決断しました。 すると、心がなんだかとっても軽くなり、驚くぐらい私の世界が変わりました。
に対する感謝の気持ちが生まれました。 自分を大切に思うことができました
ウミヨガはただ身体を動かすだけではなく、 カラダ・ココロの両方を幸せにしてくれるすごいものだと知りました

妊娠してからの生活は、本当に毎日が楽しく、すくすくと成長する赤ちゃんと 少しずつ母親になっていく自分を感じることが本当に幸せでした。 約10ヵ月は本当にあっという間です。 こどもと一心同体でいられる奇跡の時間。 それを、全身で感じたくさんの事を、学ばせてもらいました。
妊娠期間は、母親になる為の心の準備期間だったのかもしれません。
そして、妊娠期間いろいろなトラブルがありましたが、無事に元気な男の子を出産できました。

陣痛逃がしや出産時にも呼吸法が役立ちました!

M.Tさん 男の子のママになりました。
出産年齢 31歳

最初は何気なく始めたヨガでしたが、
始めて半年を過ぎた頃に子供を授かることができました。

妊娠後は特別メニューでマタニティーヨガのレッスンを受け、
毎週少しずつ大きくなるお腹とゆっくりと向き合うことができ、
体重増加も無意識に抑えられていました。
陣痛逃しや出産時の呼吸法もヨガで行っていたものと同じで、自然に行うことができました

学生の頃から人一倍身体の固かった私ですが、
先生の指導のもとヨガの効果で股関節も柔らかくなり、
この年の初産では珍しいくらいの安産で、助産師さんにも驚かれました。

出産前に先生から
お母さんが笑顔でいると、子供も自然と笑顔いっぱいの表情豊かな子供に育つよ
と言って頂いた言葉がずっと脳裏にあり、いつも心掛けています。

興味本位で始めたヨガでしたが、妊娠してからも続けたマタニティーヨガも含め、
私の身体と心に確実に良い刺激を与えることができたと思います。

つるんと出産のイメージづくり。

N.Hさん ふたりのママになりました。
出産年齢 31歳、32歳

そもそも私が先生のヨガ教室に通い始めたのは、結婚式のための引き締めが 目的でしたが、ヨガをやっていて良かった!と実感したのが第2子の出産の時でした。
第1子出産の際は、陣痛という初めて経験する痛さにパニックになり、 習っていた呼吸法を実践するどころではありませんでした。

赤ちゃんが産まれて嬉しかったのですが出産時の体重増加が18キロ!
初めての育児のストレスや産後の女性ホルモンの乱れも加わり、 情緒も不安定になっていた時に気分転換でもう一度先生のヨガ教室に復帰しました。

骨盤を元に戻すポーズや様々な引き締めを行っていくうちに気分も晴れ、 不思議と体重も減っていきました。 だいぶ引き締まってきたかなと思えるようになった頃、第2子を妊娠。
2度目は先生の教えである『ツルンと出産のイメージ作り』を早い段階から始め、 呼吸に意識を置くように心がけていました。
出産の当日は昼ぐらいから陣痛?という感じがあったのですが、第1子の時にパニックになる ほどの痛みだったので、まだまだだと思っているうちに、気が付くと5分間隔・・・ とりあえず病院へ。

波はくるものの先生の教え通り、息を吐いて痛みを逃すと乗り越えられ、 『やっぱりヨガやっていて良かった~』とそこで思える程でした。

子宮口の開きも早く、陣痛らしい痛みもあまり感じないまま予定通りツルンと出産!
スピード出産すぎて、誰にも立ち会ってもらえない程でした。
ヨガを通じて良いイメージ作りをすることが結果として楽な出産に繋がったんだと思います。