簡単でカラダに美味しいレシピ

簡単につくれて美味しいものはみんな大好きですよね(*^_^*)

今日は簡単にできて
カラダが喜ぶごちそうメニューを披露しますクラッカークラッカー

ヨガがほかの運動と違うところは、
呼吸を意識してそれを大切にしながらカラダを動かすこと。
ウミヨガでは、特に呼吸をとても大切にしています。

現代人は肺のごく一部でしか、 呼吸が出来ていないと言われています。
複式呼吸で肺いっぱいにしっかりと新鮮な酸素を取り込み吐き出すことは、
特に大きな動きをしなくても、しっかりと私たちの内臓が動かされています。

血液がたくさん酸素を運べば
全身の血流もよくなり代謝が上がり、
身体もあたたまります。
呼吸には、自律神経を整えコントロールする力もあります。

腹式呼吸はしっかりとそれを繰り返すだけでカラダを中から活性化させて
ストレスを流してくれるとっておきの方法です。

この腹式呼吸がしやすくなるのが数息

そう、ゆっくりしっかり数を数えていく方法。 

ウミヨガのレッスンでも度々登場しますが、
何度やってもとっても気持ちがいい!

 

15

 

さあ、それではやってみましょうひらめき電球ひらめき電球

まず、右と左の座骨が
床にちゃんとついているように
あぐらスタイルで座りましょう。
つらくなければ正座でも、椅子に腰かけてでも構いません。

大切なことは座骨がきちんと均等についていること、
そして仙骨を意識して立て背筋をすっとまっすぐに。
手は足の上にそっと置いておきます。

肩の力は抜いて、楽に座ります。

はじめにいま持っている息を「ふ~~」っと吐きだします。
この時最後はおなかに力を入れて息を吐き切りましょう。
腹圧をかける、といいます。

次におなかをゆるめると、自然に息がはいってきます。

腹圧をかけたおなかをゆるめて、
おなかを膨らませるようにして息を吸い込みます。

いっぱいまで吸い込んだら息が続く限り声を出して
「ひと~~~~つ」と数えていきます。

吐き切って。。
次にまた息を吸い込み「ふた~~~つ」と数えます。

10まで数えるうちに、自然と吐く息は長くなり
息をいっぱい吸い込めるようになります。

これを3回繰り返しましょう。

 

unnamed (39)

 

不思議と頭の中は空っぽでクリーンになり
全身がすっきりと軽くなりエネルギーが満ちてきます。

なるべく大きな声を出して、自分の美声に酔いしれてくださいね。
頭の中に声を響かせるイメージで。

座骨、仙骨、肩の力は抜けていますか。

息は吐き切っていますか。

おなかがふくらんだりへこんだりしていますか。

とても簡単な呼吸法でのひとつですが、
カラダにはとっても美味しいご馳走レシピです。

ウミヨガには、楽しく生きるヒントがいっぱい。
それをヨガを通じてレッスンする
ちょっと不思議で楽しいサロンです。

 

2013266989176

ベビ待ちさんに朗報です!
妊活のスペシャリストでもある
木下由梨がセミナーを行います。